2004年10月31日 No.728

第7回の羽村駅西口土地区画整理審議会がひらかれました

換地で宅地が減ってしまうのはなぜ?

10月27日、第7回羽村駅西口土地区画整理審議会が開かれました。
傍聴した高橋議員に聞きました。

羽村市は「私道の面積は換地の対象にしない」
 という計画案を持っているが、審議会が決める

 私道については、羽村駅西口区画整理事業では「換地をしない」という市の方針案が出されているようです。例えば名義上100坪の敷地があると、平均減歩率が22・8%なので、約77坪は換地で確保できると思うわけですが、私道が20坪あった場合、80坪が換地の対象なので、約64坪になってしまうということのようです。私道を換地するか換地しないかは、審議会で決めるそうです。

「セットバック部分は換地されない」 え?敷地こんなに小さくなるの

 道路幅員は本来4m必要ということで、道幅4m未満の狭い道は、道路中心線より2mは道路部分と見なされます。これをセットバックといいます。現在は自分の敷地として塀なども作り使用していても、このセットバック部分は換地の対象とならない、というのが羽村市の案でした。狭い道路が多いこの地域では影響大です。審議委員の方から、そんなこと聞いていないとの声がありました。これも審議課題です。

分からないことがたくさんあります

 地域住民の方は自分の財産の問題であり人生設計が大きく変えられてしまう問題です。区画整理事業がどのように行われるか、細部にわたってよく知ることが大事だと思いました。

「生涯学習施設、雨水幹線、福生病院建替え、体育館近くのアンダー
パス工事など次々大きな財政負担で羽村は大丈夫?」と市民の声

 労働人口は減る傾向にあり、不況も長引いていますから市民税個人分は6年連続減り続けています。そんな時だから市民の心配は当然です。特に羽村駅西口区画整理事業は355億円の巨費を投じ、子、孫まで借金を背負わせる事業ですから、全市民的に見直す必要があると思います。小金井市では、駅前開発の16年度予算が、9月議会で凍結されました。

424,000uは、区画整理後どう変わる?(想定)
区画整理後
宅地     364,000u  
内訳  宅地 325,000u
    測量増 26,000u
    私道  13,000u
公共用地 60,000u
 区画整理後
 宅地  281,000u
公共用地  142,000u
 保留地  1,000u
事業計画上の減歩率 22.8%

 計算式  364,000u−281,000u=83,000u
       83,000u÷364,000u=0.228
*審議会での説明資料から、西口に当てはめて、想定した面積です。

 

     新潟中越地震
日本共産党が 救援センター開設 長岡市にボランティアなど受付

 日本共産党は26日、新潟県中越地震の被災者の救援活動にとりくむ「中越地震全国救援センター」を長岡市に開設しました。被災者救援のためのボランティア、募金、物資を受け付けています。
住所は長岡市笹崎2の2の5。  電話は0258(38)5501、5502。

日本共産党羽村市議団のホームページへ   トップへ   羽村民報一覧へ