日本共産党羽村市議団 トップ 新着 定例議会 羽村民報html 羽村民報pdf

羽村民報 2007 年1 月28 日  834

政務調査費は市政の質を高めるために

日本共産党は次のように活用しています

*政務調査費の内訳とともに領収書も添付しており、内容は
すべて市民への情報公開の対象となっています。

科目 金額 主な内容
研究研修費 53,410 自治体政策セミナー参加
広報公聴費 285,673 議会報告・羽村民報印刷費市民要望アンケート用封筒、          議会報告宣伝許可手数料
事務所費 70,863 市議団控室電話料、インターネット使用料、事務用品費
資料購入費 89,796 保育情報誌、基地対策情報誌、患者の権利情報紙、
都政新報、自治体情報資料集
資料作成費 40,258 プリンターインク・コピー代
合計 540,000  

平成17 年の内訳です

「ゆとろぎ」のガラス張りは維持費がかかると 建設前に指摘、
視察調査が役立ちました

 生涯学習センター「ゆとろぎ」の建設計画が出されたとき、京都府 亀岡市、栃木県大田原市などですでにガラス張りの施設が建設されて いたのを知り、現地調査しました。

それらの施設の担当者から「ガラ ス張りは、エアコンも効かなくて、掃除もやりにくく、維持費がかか る」と生の声を聞きました。

羽村市議会でそ調査をもとに「むだづ かいであり、計画を市民的に見直すべき」と主張しました。
一部事務組合報酬などは 時刻表印刷などに活用し ています

 一部事務組合は市町村がやるべき 事務の一部を複数の市町村で共同で 行うために設置したもので、羽村市 は学校給食、瑞穂斎場(火葬)衛生組 合(ごみ焼却)、福生病院、たま広域 資源循環組合(ごみ埋め立て)などを 他自治体と共同で行っています。
 それぞれが特別地方公共団体とし て独立した運営を行い、議会も設置 されています。
 議員報酬も自治法の定めにより、 各議会で決定しているので、私たち は違法性はないと考えていますが、 議員報酬については共産党市議団で プールし、JR時刻表や議会報告な ど市民に還元するために活用してい ます。

23区と多摩26市の政務調査費

交付額  一人あたり年額、 単位は万円
領収書 ◎:領収書添付義務 ○:任意に添付 △:その他 ×:領収書添付なし

  交付額 領収書     交付額 領収書
千代田区 180   八王子市 72
中央区 156 ×   立川市 24
港区 180 ×   武蔵野市 48
新宿区 180   三鷹市 32.4
文京区 180 ×   青梅市 48 ×
台東区 150   府中市 54
墨田区 168 ×   昭島市 24
江東区 240 ×   調布市 30
品川区 228   町田市 72
目黒区 204   小金井市 36
大田区 276   小平市 36
世田谷区 288 ×   日野市 54
渋谷区 240 ×   東村山市 15
中野区 180   国分寺市 24
杉並区 192 ×   国立市 12
豊島区 180   福生市 24
北区 180 ×   狛江市 30
荒川区 192 ×   東大和市 13.2
板橋区 216 ×   清瀬市 12
練馬区 252   東久留米市 9.15
足立区 192 ×   武蔵村山市 12
葛飾区 216   多摩市 31.2
江戸川区 240 ×   稲城市 30
        羽村市 18
        あきる野市 24
        西東京市 24